HOME > コラム > Life > 「教える」ということ

コラム

< 読み聞かせがもたらすもの  |  一覧へ戻る  |  フロー状態を知る >

「教える」ということ

新年度もいよいよスタート。皆様心新たな春をお迎えのことと存じます。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


指導の職に就き、感謝この上ないことですが、指導職の方にお話し申し上げる機会も
増えて来て、「教えること」の極意を尋ねられる機会も増えました。


さあ、果たして何だろう。。。と初めて聞かれた時は考えました。
答えは「親切であること」そして「待つこと」
この2つに尽きると思います。



「教える」ということは、決して一方通行ではいけません。
相手が理解してこそ、「教えられた」ことになります。


相手方が大人の方でしたら、理解してくださったかどうかはすぐわかることが出来ます。
しかしながら、子どもたちに教えるということは、まず他を想像するところから始めなくてはいけません。


相手にどのくらいの語彙力があって、どのくらいの世界観まで理解できて、
どのようなことが日常で起こっているのか等、「わかる」世界を理解していかなくては、
それこそわかってもらうことは出来ません。

世に一流と呼ばれる指導者の方ほど、このポイントをご理解なさっています。


そして教えること=待つことです。
わかっている立場から見れば、わかってもらうまでの工程は忍耐力以外のなにものでもありません。


わかってもらえるまで、伝え方を変え続け、丁寧に穏やかに話し続けることが出来ないと、
相手方は理解する途中で断念することになってしまいます。


これは、指導者から生徒さん方へだけでなく、保護者の皆様からお子様方へや、
上司から部下の方へ等、どんな関係性でも同じことが言えると思います。


心を穏やかに、いつも他を理解しようと思う思いやりを持ち、
根気強く伝え続けることこそが、教えることの極意です。

カテゴリ:

< 読み聞かせがもたらすもの  |  一覧へ戻る  |  フロー状態を知る >

同じカテゴリの記事

2018/03/22Life

心の目

花粉もつらい季節ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 春分の日は冬に逆戻りでしたが、ここからは一気に暖かくなるそうですね。 ここのところニュースを見ておりますと、SNSを通じた犯罪や事故も起こってい…


2018/01/04Life

謹賀新年

2018年も輝かしくスタートしました。 今年一年が皆様にとって、幸多きお年でありますことを心よりご祈念申し上げます。 私ども日本こども音楽教育協会は、今年で設立3年となります。 今年のテーマとしては、…


2017/04/27Life

子どもたちの心に与えてあげたいもの

春は旅立ちの季節でもあり、心新たな始まりの季節でもありますね。 今回のエッセイでは、大人へと成長していく過程の中で、 子どもたちの心の根幹として育ててあげたいものについてお話したいと思います。 子ども…


2017/03/02Life

表現の世界

音楽教育の醍醐味は、子どもたち自身の感情を表現させてあげることです。 まず根底にあって欲しいのは、子どもたちの考えや意思を育てる教育について考えること。 音楽という「自己表現」の世界を学ぶからこそ、そ…


2016/12/27Life

今年を振り返り

2016年も今日を含めてあと5日となりました。 今年を振り返ってみると、日本こども音楽教育協会を設立しました際に念頭に掲げました 子どもたちの音楽教育を豊かなものにしていこうと始めた絶対音感指導士養成…


このページのTOPへ