HOME > コラム > エッセイ(教育) > フロー状態を知る

コラム

< 「教える」ということ  |  一覧へ戻る  |  安らぎ時間 >

フロー状態を知る

若葉の萌黄色がまばゆい季節となりましたね。
こんにちは。日本こども音楽教育協会代表理事の滝澤香織です。


今回のエッセイでは、お子さま方の集中力のメカニズムについて、
心理学の分野からお話ししたいと思います。


皆様のお子さまがとても集中している時はどんな時ですか?

あそんでいる時。
好きなテレビを見ている時。
得意な問題集を解いている時。


それぞれに様々かと思いますが、お子さまたちが集中する時のメカニズムを知っていると、
コンパクトに力をつけてあげやすくなります。

ここでおさえて頂きたいポイントが、心理学的に言うフロー状態です。





フローとは、人間がそのときしていることに完全にのめりこみ、精力的に集中していて、
その過程が活発さにおいて成功しているような活動における、精力的な状態を言います。


つまり、お子さまたちが、時間の経過も忘れるくらい物事に没頭している時は、
このフロー状態にある時なのです。


上の図にあるように、心理的状態は物事の難易度と、お子さまの状況処理能力のバランスで決まります。


難易度が状況処理能力より上回ると、人は不安や心配という思いになり、
反対に状況処理能力が難易度を上回ると、人は退屈さをおぼえます。


フロー状態に入る時は、難易度と状況処理能力が一致した時。


このバランスが保てると、お子さま方は集中した中で、物事に取り組むことができます。
では、勉強や楽器の練習において、どのようにこのバランスを保ったらよいでしょうか?


もちろん進行具合によっても変わってきますが、
その時々で必要な情報をすべて処理できる環境にすること=量を絞ることが第一歩です。
「大変」という気持ちが心にあると、勉強や練習は雑になってしまいます。


どのくらいが適量なのか?のバランスは、まずは保護者の皆様が見てあげてください。
その経験が自分の力を知ることにもなり、だんだんには自分自身でペースをコントロールできるようになります。

カテゴリ:

< 「教える」ということ  |  一覧へ戻る  |  安らぎ時間 >

同じカテゴリの記事

2018/03/29エッセイ(教育)

読み聞かせがもたらすもの

桜の花もほころび始め、日本人に生まれた喜びを再認識できる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 今週のエッセイは、子どものうちの読み聞かせについてをまとめた…


2018/03/15エッセイ(教育)

学ぶ

学ぶ。。。今まさに勉強をしなくてはいけない世代の方にとっては、 学ぶことはもしかしたら楽しいことではないのかもしれません。 私自身、高校までは進学校におりましたので、 当時は嫌いではなかったかもしれま…


2018/02/08エッセイ(教育)

自分軸を育てる

寒さも峠となってきましたが、今は受験シーズン真っ只中ですね。 今戦いの最中にいる生徒さんたちからも、自分の覚悟や不安をメールでもらいますが、 微力ながら応援のメッセージを送っています。 頑張りぬいてき…


2018/01/17エッセイ(教育)

才能を開花させる第一歩は

子どもたちは無限の可能性を秘めています。 誰しもが豊かな才能を持ち、大きな花を咲かせる可能性を持っているのです。 「才能」という言葉は実に奥が深いものですね。 1つ確実に言えるのは、才能とは持って生ま…


2018/01/11エッセイ(教育)エッセイ(音楽)

歌唱指導がもたらす力

私どもが行っております絶対音感プログラムでは、 レッスンの中で、聞き取り方のトレーニングの他に歌唱トレーニングをしています。 『うたう』ということは、一つには楽器の学習をしていく中で、どの楽器を学ぶに…


このページのTOPへ