HOME > コラム > エッセイ(音楽) > ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?

コラム

< 子どもを伸ばす接し方~ピグマリオン効果~  |  一覧へ戻る  |  幼児期の教育で大切な臨界期の理解 >

ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?

庭仕事が楽しい季節。いかがお過ごしでしょうか?
昨年から育て始めたアナベルも大きく育ち、可愛いらしい花をたくさんつけてくれています。


ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?をテーマに連載しておりました
Study Hacer こどもまなび☆ラボのコラムも今月はじめで終えました。



子どもの習い事として、ピアノは毎年上位に入っているそうですが、
なぜピアノは幼児期からのお稽古として良いのかを7回シリーズでまとめております。


よろしければ、Study Hacerこどもまなび☆ラボのコラムをご覧ください。
http://kodomo-manabi-labo.net/series/kaori-takizawa-piano

カテゴリ:

< 子どもを伸ばす接し方~ピグマリオン効果~  |  一覧へ戻る  |  幼児期の教育で大切な臨界期の理解 >

同じカテゴリの記事

2018/05/09エッセイ(音楽)

リトミック教育は幼児教育の理想の形

こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 爽やかな季節となりましたね。いかがお過ごしでしょうか? 今回は、リトミックがなぜ幼児教育の理想形と言われるのか、 その理由についてお話した…


2018/02/22エッセイ(音楽)

なぜ絶対音感を身に付けて欲しいのか

私ども日本こども音楽教育協会では、2016年より絶対音感指導士養成講座を始めておりますが、 絶対音感を持つことが子どもたちに与えてくれる様々な喜びを想像して、 受講して下さる先生方のその先にいらっしゃ…


2018/02/14エッセイ(音楽)ニュース

AI=人工知能が音楽に与える影響

近年あらゆる業界においてAI=人工知能の発達が話題となっていますね。 将棋の世界では、人工知能と名人が勝負をしたり、自動車業界では自動運転が可能になったり、 医療の分野ではいつの日か、海外からの遠隔手…


2018/02/01エッセイ(音楽)

子どもたちの日常に童謡や唱歌を

私どもが運営しております音楽教室では、幼児対象のリトミックのレッスンの中で、 童謡や唱歌をお母さま方にも一緒に歌っていただく機会を多く設けています。 童謡や唱歌の歌詞は実に簡潔でわかりやすく出来ていま…


2018/01/25エッセイ(音楽)

幼児の音楽教育において大切なこと

今週はじめの雪は近年にない積もり方でしたね。 翌朝、私も雪掻きをしましたが、道を通る大人の方も子どもたちも皆さん、 「おはようございます」や「ありがとうございます」とあいさつを交わしながら通られ、 心…


このページのTOPへ