HOME > コラム > エッセイ(教育) > 子どもを伸ばす5つの大切なこと ②

コラム

< 子どもを伸ばす5つの大切なこと ①  |  一覧へ戻る  |  子どもを伸ばす5つの大切なこと ③ >

子どもを伸ばす5つの大切なこと ②

暦も10月に入り、秋らしさを感じる日が多くなってきましたね。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


子どもを伸ばす5つの大切なことのうちの1つ目は、
「やる気を育ててあげること」とお伝えしましたが、
今回のコラムでは2つ目についてお話ししたいと思います。


子どもを伸ばす5つの大切なことのうち2番目は、
「目標は高いところを見せること」です。




これは大人でもそうですが、人は想像した以上のことを形にすることは出来ません。


だからこそ、子どもたちには高い目標を「可能なもの」として見せてあげることが必要なのです。


ポイントは「可能なもの」として感じさせてあげること。

社会学者のモリス=マッセイによれば、人間が生きていく上での社会的価値観は、
そのおおかたが14歳までに確立されると言われています。



特に10歳までの間は、そばにいらっしゃる親の価値観が子どもの価値観となり、
10歳~14歳の時期は、親ではない近くにいる大人の価値観に大きく影響されます。


高い目標を見せ、それを可能なものとしてお子さんに思わせることは、
お子さんのまわりにいる大人がどのような価値観を持っているかで決まるのです。


目標を決めていく中でご留意頂きたいのが、いきなりとてつもなく高い目標を決めるのではなく、
1つ実現出来たら、もっと高いところをみせていくことでしょうか。


たとえば、学校のクラスで→学年で→塾等学校の垣根をこえた中で→市町村で→都道府県で→国内で→海外へ
というように、達成感を感じさせながら、どんどん大きな世界を見せることで、
お子さんの価値観も大きな世界を見るようになっていきます。


この多感な時期の子どもたちにとって、大人が口にすること、見聞きすることは大きな影響力を持ちます。
お子さんがどの世界までを見据えるかどうかは大人の価値観次第なのです。
とても怖いことでもあり、とてもやりがいのあることでもありますね。


子どもたちの可能性は無限大。
大人の価値観で「不可能」とは決して思ってはいけないのです。

カテゴリ:

< 子どもを伸ばす5つの大切なこと ①  |  一覧へ戻る  |  子どもを伸ばす5つの大切なこと ③ >

同じカテゴリの記事

2018/10/11エッセイ(教育)

子どもを伸ばす5つの大切なこと ③

10月に入り、2018年もあと3か月を切ったことを感じ、身の引き締まる思いがします。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 「子どもを伸ばす5つの大切なこと」のうち2つ…


2018/09/26エッセイ(教育)

子どもを伸ばす5つの大切なこと ①

インフルエンザも流行り始めているようですが、皆さまいかがお過ごしですか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 芸術の秋。 音楽の催しも全国でたくさん開催されていますが、 私どもが…


2018/09/12エッセイ(教育)

子どもの時間の感覚

秋らしい涼しさとなりましたね。 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 よく保護者の方からもご相談いただく「子どもの時間の感覚」について、 今回のコラムではお話しさせていただきたいと…


2018/09/05エッセイ(教育)

3歳児の教育は何をする?

朝夕は秋らしい風が吹くようになり、季節の変化を感じる今日この頃。 みなさまいかがお過ごしでしょうか? 前回のコラムでは、乳幼児の音楽教育の目的をまとめましたが、 今回は3歳児の教育についてをテーマとい…


2018/08/02エッセイ(教育)

考える力

日本中が猛暑続く日々、いかがお過ごしでしょうか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 これからの未来を担う子どもたちの教育に携わってきて、音楽教育がお子さんたちの成長に どのよう…


このページのTOPへ