HOME > コラム > エッセイ(教育) > 地頭が良い子は何が違う?

コラム

< 3歳までに非認知能力を高めましょう  |  一覧へ戻る

地頭が良い子は何が違う?

9月に入り、朝夕は秋へと移り変わる風を感じるようになりましたね。
秋は日本の美しい四季の中でも最も好きな季節です。



最近、西岡壱誠さんの「東大思考」という本が話題になっておりますが、
その中には、頭の良い方の頭の使い方について紹介されていました。



印象に残ったいくつかを通じて共通して感じたことは 視野の広さ でした。






偏差値35から二浪を経て、東大に入学なさった著者は、周りにいる東大生を徹底リサーチなさり、
その中で気づいた「頭の使い方の違い」を実践した結果、
ご自分も入ることができたとおっしゃっています。


例えば、1853年にペリーが来航したことを習うと、「1853年 ペリー来航」と暗記するだけではなく、
「なぜペリーはそのタイミングでやってきたのだろう?」という考え方をなさるそうです。
すると、同じ頃にヨーロッパではクリミア戦争が起こっていて、
そのことを背景としてペリーが日本を訪れ開国を求められたという流れが見えてくるとのこと。


何かが起こるときには、その要因となるものがあり、そのもの自体を理解しておけば、
双方向に情報がつながるため忘れないのだということでした。


そして印象に残ったのが、
東大生の多くは「ミクロとマクロ」を行き来して物事を理解しているという一説。
わかりやすくお伝えすると、今習ったこと(マクロ)を自分の経験してきたこと(ミクロ)の
どの考え方に繋げていけばよいのか、置き換えながら考えていくそうです。


では、習った考え方を自分バージョンに置き換えて考えていくために、
子どもの頃からどんな取り組みができるでしょうか?


この話を伺った時に、私は私の父のことを思い出しました。
私がまだ幼稚園児だった頃、夜布団へ入ると毎晩クイズを出してくれました。


まずはじめは、天気予報でよく見る関東地方の県名から始まり、
その次は他の地方の県名、県名が全国言えるようになったら、
次は県庁所在地名と出題されました。
同時に日曜日には各地の観光地へ連れて行ってくれたり、
夏休み等は車で家族旅行に行くのが恒例となっていました。


おかげで子どもの頃の私の趣味は地図を眺めることと、
旅行番組を見ることでした。


よく音楽でなかったら、何を選んでいましたか?と聞かれますが、
考古学を専攻したかったなと思います。


一見全く違うことのようにお感じになることかと思いますが、
私は自分が住んでいるのではない世界を知りたいのです。



習ったことと、現実がつながる身近な体験として、
旅行は最高のきっかけになることでしょう。


身近な日本の中でつながる体感ができると、
今度は日本と世界を置き換えて考えることができるようになります。


「ミクロ」と「マクロ」を行き来して考える回路を育てるためには、
子どもの頃の経験が大きく影響するのではないかと感じています。


カテゴリ:

< 3歳までに非認知能力を高めましょう  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2020/08/24エッセイ(教育)

3歳までに非認知能力を高めましょう

残暑厳しい夏ですが、みなさまお変わりございませんか? こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 非認知能力という言葉はご存知ですか? 認知能力とは一般的に知能検査で測定でき…


2020/08/13エッセイ(教育)

幼児の国語力の高め方

生命力あふれる夏の日差しが続いておりますが、みなさまいかがお過ごしですか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 http://www.kaori-takizawa.n…


2020/07/31エッセイ(教育)

先を見通す力を育む

長かった梅雨も明け、夏らしい青空が嬉しい季節となりました。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 最近日本のこれから、世界のこれからを思う時間が増え、 これからの未来を…


2020/07/20エッセイ(教育)

国語力を育てよう

ご無沙汰しております。 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤 香織でございます。 年明けから新型コロナウィルスの感染拡大が心配されていますが、 みなさまお変わりなくお過ごしでしょうか? この数か月、…


2020/01/28エッセイ(教育)

集中スイッチの押し方

まもなく立春。日が延びるのを感じるようになってきましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 本日のコラムのテーマは 「集中スイッチの押し方」 お子さんが集中してい…


このページのTOPへ