HOME > コラム > エッセイ(教育) > 集中力を高めるための取り組み

コラム

< 子どもたちの心に与えてあげたいもの  |  一覧へ戻る  |  教本で何を学ぶか >

集中力を高めるための取り組み

集中力は、決して持って生まれたものではなく、
後天的に育んであげることが出来るものです。


集中力を高めるためには、小学生になる前の幼児期からの取り組みが大切です。
集中力は年齢に比例して長くなる部分がありますが、
では集中力を高めるためにはどのような取り組みが良いでしょうか?


幼児期から出来る取り組みをいくつか挙げたいと思います。



1つ目は、絵本の読み聞かせです。


絵本の読み聞かせは、お子さんの豊かな情操を育むことだけでなく、
集中力を高めること、また長くしていくためにも、とても良い取り組みです。


小さなうちは、落ち着いて聞ける時間も短いですが、
毎日の中で日常的に読み聞かせを続けていくと、だんだん長いお話にしていくことや、
読む冊数を増やしていくことの調節も出来、集中力を伸ばしてあげることが出来ます。



2つ目は、睡眠時間の取り方です。
成長期の子供たちは、22時~2時が成長ホルモンが活発に分泌されるゴールデンタイムです。
ですから、21時までには寝せることが理想です。
8時間~10時間の睡眠がとれること、そして規則的な生活を送らせてあげることが、
集中力の高い子に育むためにも大切なことです。



そして、3つ目は「褒めてあげること=尊重すること」です。


幼児期にもクラフト活動や幼児用のドリル等をなさることもあることかと思いますが、
子どもたち一人で預けてやらせるよりも、
「上手に出来てるね」
「しっかりできてるね」等、
お子さんの努力を認めてあげる言葉を掛けてあげながら取り組ませることで、
集中して臨める時間も次第に長くなっていきます。


子どもはほめて伸ばしなさい

と言いますが、子どもたちを尊重した接し方をすることは、
自己肯定感を高めること、やる気を育むこと等と共に、集中力を高める効果もあります。

カテゴリ:

< 子どもたちの心に与えてあげたいもの  |  一覧へ戻る  |  教本で何を学ぶか >

同じカテゴリの記事

2017/04/20エッセイ(教育)

国語力を高くしよう

楽器上達のために大切なことの一つに、「話のポイントを理解できる」ということがあります。 先生方がレッスン内でお話しなさることには、 ① 大切なこと ② なぜ大切かの説明 との両方があります。 覚えても…


2017/04/06エッセイ(教育)

音楽教育が担うもの

音楽の習い事は、長きに亘ってお子さん方の成長に携わっていくものです。 その中で、どんなことを子どもたちに授けていってあげられるか、先生方は日々考えてらっしゃいます。 多感な時期になると、お子さん方は大…


2017/03/09エッセイ(教育)

楽しみながら上達する秘訣

幼児のうちは、一つ一つ真似をし、失敗を繰り返しながら成長していく時期。 この時期に何よりも大切なのは「意欲=やる気」です。 よく個人差といいますが、ただ成長の具合だけではなく、 上にお兄ちゃん、お姉ち…


2017/02/23エッセイ(教育)

責任感を育てる

子どもたちを大成させていくために大切なこと。 もちろん一つではありませんが、最も大切なことは、児童期からの時期に責任感を育てていくことだと思います。 どんな小さなことだとしても、発言したことに対しては…


2017/02/09エッセイ(教育)

マイナスイメージを持たせない

子どもたちはこの世に生まれてきた時、不安や恐怖心は持っていません。 未来への希望の光だけが見えています。 その後、成長と共に不安や恐怖心を持つのは、周りにいる大人の言葉がけからです。 本番の舞台に立つ…


このページのTOPへ