HOME > コラム > エッセイ(音楽) > 因数分解できる力

コラム

< 絶対音感が育った先にあるもの  |  一覧へ戻る  |  コミュニケーション力を育む >

因数分解できる力

音楽を学ぶ上で、上達のためとても大切だと感じますのが、
「ソルフェージュ力」です。


奏法(演奏の技術)を考える時も、表現の仕方を考える時も、
必ずヒントとなるのは楽譜ですが、
楽譜は、お勉強と違い、覚えなくてはいけないことがすごくあるかと言うと、
覚えることは土台となる基礎的な考え方が大部分を占め、
あとは知っている考え方のどれにあてはまるかを読む力が重要となります。



ソルフェージュのレッスンは、この楽譜を読む力を育てています。

楽譜を読む時に必要なのが、
1.音の高さ
2.リズム
3.運指
4.表情記号
5.拍子
6.音価
7.音型
8.和声

が基本となりますが、このように音の高さやリズム、運指、表情記号等、
楽譜上に見えているものを読むのは、まだ読むべきことの半分でしかありません。


ソルフェージュのレッスンでは、導入期は楽譜を速く読めるようにすること、
リズムを正確に取れるようにすること等も取り組みますが、
そこから先の読むべきことの知識を学ぶのがソルフェージュレッスンの醍醐味だとお考え下さい。


実は、楽譜を読むためのことはセオリーをおさえればよい部分が多いのですが、
基本の考え方を応用して読み解くために必要なのは、
楽譜を分析し、どの考え方にあてはまるのか、正に因数分解できる能力です。


今習っていることは出来るけれど、他の曲を弾く上でも考え方は応用できる部分が
多々ございますが、曲が変わっても考え方を反映できるかどうかで、
上達のスピードは大きく違ってしまいます。


楽器のお稽古をなさるのと同時に、ソルフェージュ力も磨かれるように、
小さなうちからぜひお勉強ください。

カテゴリ:

< 絶対音感が育った先にあるもの  |  一覧へ戻る  |  コミュニケーション力を育む >

同じカテゴリの記事

2017/05/11エッセイ(音楽)

教本で何を学ぶか

音楽のお稽古を始められた当初は、幼児用のテキストを学んでいきますが、 それらのテキストは、まず「音楽に興味を持ってもらうこと」や 音楽の基礎(音の高さやリズムの読み方)を身に付けるために作られています…


2017/03/30エッセイ(音楽)

楽器の上達~初期指導の重要性~

楽器の上達を考えた場合、導入時期からの指導が大きな意味を成します。 音楽とは「音」を扱うもの。 大きな学年になれば、扱わなくてはいけない音は増えていくだけですから、 音数の少ないうちから、「音」に対し…


2017/02/16エッセイ(音楽)

絶対音感指導士養成講座を始めた願い

私ども日本こども音楽教育協会が絶対音感指導士養成講座をはじめて、間もなく一年が過ぎようとしています。 私たちは弊会を発足するにあたり、「音楽がお子さん方の一生涯の楽しみであって欲しい」と理念に掲げまし…


2017/01/31エッセイ(音楽)

楽器を弾くために必要な見えない力

幼児期はお子さんの感覚神経が発達する時期ですが、 音楽教育において、この時期は楽器上達のためにとても重要な力を育ててあげる時期でもあります。 個人レッスンを始められる前にぜひおすすめしたいのがリトミッ…


2017/01/12エッセイ(音楽)

「覚える」ために必要なこと

私ども日本こども音楽教育協会では、絶対音感プログラムを実施しております。 絶対音感と申しますと、特別な能力ではなく、適切な時期に適切なトレーニングをしてあげれば、 どなたでも身に付けることが出来る能力…


このページのTOPへ