HOME > コラム > エッセイ(音楽) > AI=人工知能が音楽に与える影響

コラム

< 自分軸を育てる  |  一覧へ戻る  |  なぜ絶対音感を身に付けて欲しいのか >

AI=人工知能が音楽に与える影響

近年あらゆる業界においてAI=人工知能の発達が話題となっていますね。
将棋の世界では、人工知能と名人が勝負をしたり、自動車業界では自動運転が可能になったり、
医療の分野ではいつの日か、海外からの遠隔手術が可能になるとも言われているそうです。


コンピューターが発達すると、人間との共存がいつもテーマとして話されますが、
音楽業界においてもAIがビートルズの楽曲を解析し作った曲が発表されて話題になりました。



惜しまれながら引退なさった小室哲哉さんがAIの作った音楽について、
人間のアイデアとは「新しいもの」が生まれている、人工知能の発達を素晴らしいと感じるし、
これからの発展も楽しみだと思っているとおっしゃっていました。


常に時代を先駆けるクリエイターとして活躍してきた方の目から見ても、
AI=人工知能の発達という新しい時代の到来は、とても興味深いことなのですね。


人工知能が発達すると、人間の作った音楽にとって代わられてしまうのでは?という
投げ掛けに対して、小室さんは「その音楽そのものを素晴らしい作品かどうかを決めるのは人間であり、
音楽の世界においては、人間があってのものだと思います」とおっしゃっています。


音楽や美術等の芸術の世界の中で、人工知能が取り入れられていったとしても、
便利になる面も、また新しいものが生まれる部分もあるでしょう。


しかしながら、生み出される作品そのものの評価をするのは「人間」であり、
芸術においては、人の心を動かす感動があるのかどうかが根幹にありますから、
人間の力も人工知能も対等な関係にあると感じます。


そして後の世代に継承していくという面から考えると、
それは決して人工知能にはかなうことではありません。


単純に技術を教えるということだけなら、かなう部分もあるかもしれませんが、
受け手側の心をキャッチし、「頑張ろう!」「出来るようになりたい!」という意欲を
持たせてあげることこそが、指導することにおいては最も大切なことで、
それは人間にしか出来ないことです。


人工知能の発達は、まだ未知の部分があり、ある意味では脅威に感じるところもあるかもしれません。
ですが、人工知能は人間が使う「道具」でしかないのです。
よき使い方を考え、取り入れていくことで、よりパフォーマンスを高めてくれることでしょう。
20年後の未来、世の中にどのように人工知能が取り入れられているのか、覗いてみたい気がします。

カテゴリ:

< 自分軸を育てる  |  一覧へ戻る  |  なぜ絶対音感を身に付けて欲しいのか >

同じカテゴリの記事

2018/02/22エッセイ(音楽)

なぜ絶対音感を身に付けて欲しいのか

私ども日本こども音楽教育協会では、2016年より絶対音感指導士養成講座を始めておりますが、 絶対音感を持つことが子どもたちに与えてくれる様々な喜びを想像して、 受講して下さる先生方のその先にいらっしゃ…


2018/02/01エッセイ(音楽)

子どもたちの日常に童謡や唱歌を

私どもが運営しております音楽教室では、幼児対象のリトミックのレッスンの中で、 童謡や唱歌をお母さま方にも一緒に歌っていただく機会を多く設けています。 童謡や唱歌の歌詞は実に簡潔でわかりやすく出来ていま…


2018/01/25エッセイ(音楽)

幼児の音楽教育において大切なこと

今週はじめの雪は近年にない積もり方でしたね。 翌朝、私も雪掻きをしましたが、道を通る大人の方も子どもたちも皆さん、 「おはようございます」や「ありがとうございます」とあいさつを交わしながら通られ、 心…


2018/01/11エッセイ(教育)エッセイ(音楽)

歌唱指導がもたらす力

私どもが行っております絶対音感プログラムでは、 レッスンの中で、聞き取り方のトレーニングの他に歌唱トレーニングをしています。 『うたう』ということは、一つには楽器の学習をしていく中で、どの楽器を学ぶに…


2017/12/14エッセイ(音楽)

感覚神経が育つ時期の教育

赤ちゃんがこの世に生を受けてから、大人へと成長していく過程では、 どのようなことが成長する時期なのかを理解しておくこと、 そしてその中で、どのような関わり合いを持ちながら、 どのような教育していくと良…


このページのTOPへ