HOME > コラム > エッセイ(音楽) > 音楽教育は心を育てる場

コラム

< 繋げる回路を育てる  |  一覧へ戻る  |  考える力 >

音楽教育は心を育てる場

猛暑厳しい毎日いかがお過ごしでしょうか?
日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


音楽はお子さまの成長過程において、さまざまな力を与えてくれるものです。
その具体的な内容につきましては、https://kodomo-manabi-labo.net/series/kaori-takizawa-piano
にまとめておりますので、よろしければぜひご一読ください。


Study Hacker こどもまなび☆ラボのコラムでまとめたことの他に、
「自分基準」で物事を考えられるようになることも、お子さん方の心の大きな財産になると感じています。




コンクールについては、これまでもお話ししたことがございますが、
コンペティション=競争ですけれど、音楽のコンクールは決して他人との競争ではありません。


自分の演奏をいかに魅力的なものにしていくかを考え、
遊びたかったり、本を読みたかったり、さまざまな欲求をコントロールしながら、
目標の日に向けて、練習を高めていく自分との闘いです。


他人より上手に演奏しよう!と思う心は力みを生み、結果よい演奏ではなくなってしまうことが多く、
そういう経験を通じて、「自分らしい演奏」を発揮することがベストなのだということを覚えていきます。


この自分基準で物事を判断することができること。
自分基準というと、自分勝手と想像されてしまうかもしれませんが、
決してそうではなく、常に他人と比べてしまう他人基準ではなく、
自分の考えに責任を持ち、自分の信じる道を歩むことができる力です。


お子さんの心の中に必ず育ててあげたい心の財産だと思います。


他人と比べて物事を考える思考は、いつも他人を気にする、気にしすぎることでもあります。
他人と比べないと自分の意義が見出せないことは悲しいですね。


音楽のコンクールに挑戦されると、おのずと同年齢の上手な子、年齢の近い素晴らしい能力を持った子に
出会えるチャンスでもあります。
ここで芽生える「憧れの気持ち」は、お子さんを大きく成長させてくれることでしょう。


お教室の発表会もまた同様の場になります。


素晴らしい演奏を認め、憧れの気持ちを持つことで、自分の力にすることができる。
自主性に基づいたまさに理想の教育だと思います。


子どものうちに心が動く経験をたくさんさせてあげることは、お子さんのかけがえのない財産になっていきます。
お子さんの心にどんなことを残してあげたいですか?
大人にとって毎日は時間との闘いな面も強いかと想像いたしますが、
あたらめてお考えいただく時間を設けて頂くきっかけとなりましたら幸いです。





カテゴリ:

< 繋げる回路を育てる  |  一覧へ戻る  |  考える力 >

同じカテゴリの記事

2018/06/21エッセイ(音楽)

鑑賞のすすめ

こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 関西地方の被災された皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 今週のコラムでは、「鑑賞」をテーマにお伝えいたします。 同じように教…


2018/05/31エッセイ(音楽)

ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?

庭仕事が楽しい季節。いかがお過ごしでしょうか? 昨年から育て始めたアナベルも大きく育ち、可愛いらしい花をたくさんつけてくれています。 ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?をテーマに連載しておりました …


2018/05/09エッセイ(音楽)

リトミック教育は幼児教育の理想の形

こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 爽やかな季節となりましたね。いかがお過ごしでしょうか? 今回は、リトミックがなぜ幼児教育の理想形と言われるのか、 その理由についてお話した…


2018/02/22エッセイ(音楽)

なぜ絶対音感を身に付けて欲しいのか

私ども日本こども音楽教育協会では、2016年より絶対音感指導士養成講座を始めておりますが、 絶対音感を持つことが子どもたちに与えてくれる様々な喜びを想像して、 受講して下さる先生方のその先にいらっしゃ…


2018/02/14エッセイ(音楽)ニュース

AI=人工知能が音楽に与える影響

近年あらゆる業界においてAI=人工知能の発達が話題となっていますね。 将棋の世界では、人工知能と名人が勝負をしたり、自動車業界では自動運転が可能になったり、 医療の分野ではいつの日か、海外からの遠隔手…


このページのTOPへ