HOME > コラム > エッセイ(音楽) > 絶対音感を持つ暮らし

コラム

< 時を経ても・・・  |  一覧へ戻る

絶対音感を持つ暮らし

新学期が始まり、それぞれの新たな生活が始まりましたね。
新しいお友だち、新しい先生、たくさんの出会いがご縁を広げてくれたことと思います。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。


私どもが絶対音感指導士養成講座を始めて3年。
認定校の輪は東北から九州まで広がり、たくさんの生徒さん方が絶対音感プログラムを学んでくださっています。



絶対音感プログラムを始めてよくご質問いただきますのが、
「絶対音感があると、日常の音が苦しくなると聞くのですが・・・」ということ。


まず「絶対音感」がどのようなことを指すかからお話しします。
絶対音感を身に付けるためには、440~442Hz.に調律されたピアノでトレーニングします。
日常生活の中で救急車のサイレンの音などは、音の高さが明確ですが、
救急車のサイレンでも440~442Hzの高さにははまりません。


この音とこの音に近い・・・という形になります。
ピアノの調律が狂ってくると、ピッチがくるいますから、そのような時と同じ形になります。
しかしながら、絶対音感のトレーニングはそもそもがピアノの音等でしていますから、
救急車のサイレンの音は、「救急車のサイレンの音」として聴きます。


同様に風が吹く音は「風の音」、水の流れの音は「水の流れの音」として聴き、
ドレミの高さで聴こうとすれば、「あえてドレミに置き換えるなら・・・」という聞き方になります。
ですから、絶対音感を持つことで日常の音が苦しくなるということないと感じます。


その変わりに、ピッチを正しくチューニングされた楽器で演奏される音や音楽は、
顕著に「ドレミ」で聴こえてきます。
幼稚園や小学校で先生が弾いてくださる音楽、テレビから流れてくる音楽、
街の中にあふれている音楽etc.絶対音感を持つ子には、聴くためのスイッチをいれなくとも、
すべてが「ドレミ」の世界で聴こえているのです。

日常にも大好きな音楽があふれるのですから、実に楽しい世界です。


絶対音感は聴覚神経が育つ2~8歳の時期にトレーニングすると、
誰もが身に付けることができる力。
音楽を学ぶお子さんにはぜひ身に付けて頂きたい力です。




カテゴリ:

< 時を経ても・・・  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2019/04/10エッセイ(音楽)

時を経ても・・・

寒暖の差が激しい今日この頃。4月だというのに、急な寒さに驚きましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 新学期も始まり、新生活に心が躍る毎日ではないでしょうか? …


2018/08/31エッセイ(音楽)

乳幼児の音楽教育

8月も最終日となりました。2018年もあと3分の1。 そう考えると時間の流れを早く感じます。 今回のコラムでは、乳幼児の音楽教育についてまとめたいと思います。 乳幼児の音楽教育って何をするの? そうよ…


2018/07/26Lifeエッセイ(音楽)

音楽教育は心を育てる場

猛暑厳しい毎日いかがお過ごしでしょうか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 音楽はお子さまの成長過程において、さまざまな力を与えてくれるものです。 その具体的な内容につきまして…


2018/06/21エッセイ(音楽)

鑑賞のすすめ

こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 関西地方の被災された皆様の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。 今週のコラムでは、「鑑賞」をテーマにお伝えいたします。 同じように教…


2018/05/31エッセイ(音楽)

ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?

庭仕事が楽しい季節。いかがお過ごしでしょうか? 昨年から育て始めたアナベルも大きく育ち、可愛いらしい花をたくさんつけてくれています。 ピアノはなぜ子どもの教育によいのか?をテーマに連載しておりました …


このページのTOPへ