HOME > コラム > エッセイ(音楽) > 教本で何を学ぶか

コラム

< 集中力を高めるための取り組み  |  一覧へ戻る  |  絶対音感指導士養成講座 >

教本で何を学ぶか

音楽のお稽古を始められた当初は、幼児用のテキストを学んでいきますが、
それらのテキストは、まず「音楽に興味を持ってもらうこと」や
音楽の基礎(音の高さやリズムの読み方)を身に付けるために作られています。


幼児用のテキストの中で身に付けて欲しいのが自主性です。
まず、音楽のお稽古に興味を持ってると、その先には、
自分の力で楽譜を読める力が育ってきます。

ですから、幼児期のテキストには、お子さんが興味を持ってくれるしかけがたくさん詰まっています。




そして、幼児用のテキストが修了に近づいていくと、様々な教本に入っていきます。


この時期には、大切にしていただきたい考え方があります。
曲を学ぶのではなく、曲や教本を通じて何を学ぶかということです。


バロック時代の音楽のつくりについて学ぶもの。
テクニックや奏法について学ぶもの。
運指の考え方について学んでいけるもの。
古典派の楽曲の仕組みを学ぶもの。


つまり、それぞれの教本の中で、曲の弾き方の答えではなく、
「考え方を学んでいく」わけです。


考え方を覚えよう!という気持ちが先にあって学ぶのと、
その時その時に先生のご指示に従えばよいと思っているのでは、
数年先のご本人たちの力はまったく別のものになってしまいます。


では、自ら学ぶ子にするためには、何が必要でしょう?


それは、やはり小さな頃からの指導の仕方です。

幼児の1か月は大人の1年
幼児の1年は大人の10年

に値するとも言われます。
小さなうちから繰り返し繰り返し考え方を学ぶことで、それが力の定着へ繋がっていきます。


これは、音楽のお稽古だけでなく、お勉強でもスポーツでも同じですね。


幼児期に、熱意と能力を持った指導者に巡り会えるかどうかが、
お子さんの可能性を広げるための最も大きなカギとなってきます。


すべてのお子さんが、無限の可能性を持っています。
その可能性をどう花開かせてあげられるかは、幼児期~児童期で多くが決まります。
これは、私たち指導者もいつも心に刻んでおきたいことです。




カテゴリ:

< 集中力を高めるための取り組み  |  一覧へ戻る  |  絶対音感指導士養成講座 >

同じカテゴリの記事

2017/03/30エッセイ(音楽)

楽器の上達~初期指導の重要性~

楽器の上達を考えた場合、導入時期からの指導が大きな意味を成します。 音楽とは「音」を扱うもの。 大きな学年になれば、扱わなくてはいけない音は増えていくだけですから、 音数の少ないうちから、「音」に対し…


2017/02/16エッセイ(音楽)

絶対音感指導士養成講座を始めた願い

私ども日本こども音楽教育協会が絶対音感指導士養成講座をはじめて、間もなく一年が過ぎようとしています。 私たちは弊会を発足するにあたり、「音楽がお子さん方の一生涯の楽しみであって欲しい」と理念に掲げまし…


2017/01/31エッセイ(音楽)

楽器を弾くために必要な見えない力

幼児期はお子さんの感覚神経が発達する時期ですが、 音楽教育において、この時期は楽器上達のためにとても重要な力を育ててあげる時期でもあります。 個人レッスンを始められる前にぜひおすすめしたいのがリトミッ…


2017/01/12エッセイ(音楽)

「覚える」ために必要なこと

私ども日本こども音楽教育協会では、絶対音感プログラムを実施しております。 絶対音感と申しますと、特別な能力ではなく、適切な時期に適切なトレーニングをしてあげれば、 どなたでも身に付けることが出来る能力…


2016/12/13エッセイ(教育)エッセイ(音楽)

伝わる話し方

お子さんに何かを伝えたいとき、なかなかわかってもらえない。。。ということはございませんか? これは、人の脳の仕組みについて理解しておくと、伝わる話し方が身についてきます。 人の脳は、「否定形」を理解す…


このページのTOPへ