HOME > コラム > エッセイ(教育) > コミュニケーション力を高くするためには

コラム

< コミュニケーション力を育む  |  一覧へ戻る  |  日光 大使館別荘へ >

コミュニケーション力を高くするためには

8月とは思えない過ごしやすい気候が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
1つ前のエッセイでは、「コミュニケーション力」を高めることの大切さについて
お伝えしましたが、ではどのようにするとコミュニケーション力が高いお子さんに育っていくでしょうか?


一番には、子どもたちの世界を大切にし、
自分の言葉で話させることではないかと感じます。




引っ込み思案のお子さんをご心配なさって、
お母さま方が代わりにお話しくださる様子に触れることが多いのですが、
代わりに話してしまう状態が続くと、お子さんはそのまま話さなくてもよいことを覚えてしまいます。


生まれながらにして、自分自身でコミュニティーを築く力が高いお子さんというのは、
恐らくいないことでしょう。


まず外の世界へ出ていく環境づくりをしてあげるのは、大人の役目だと思います。
家族ではない人に話しかけるお父様やお母さまの様子を見てこそ初めて、
子どもたちも次第に外の世界の人へと心を開いていくところから始まります。


そうして信頼おけるお父様やお母さまの様子を真似て、お子さんたちも自分から
お友達や他の大人の方へ話しかけることが出来るようになっていきます。


そういう時期が来たときは、大人は適度な距離感で見守ってあげることが大切です。
ここで大切なルールが、子どもたちの世界に介入しないこと。


子どもたちには、子どもたちのコミュニティーがあります。
そして子どもたち自身にも、コミュニティーを築く能力は元々備わっています。
大人が介入さえしなければ、子どもたちは自分自身の力で切り拓くしかないことを感じ、
自然とコミュニケーション能力も高くなっていきます。


そう、一番大切なことは「他人も怖くないんだ」と感じさせてあげることなのです。
人が生きていく上では、必ず他人の力を必要とするときがあります。
その時に、他を信頼し、他を敬う気持ちを持って育つことは、
気を許せる大切な仲間を作る力を持たせてあげることであり、
成長過程の中でとても重要なことです。



カテゴリ:

< コミュニケーション力を育む  |  一覧へ戻る  |  日光 大使館別荘へ >

同じカテゴリの記事

2017/07/27エッセイ(教育)

コミュニケーション力を育む

子どもたちが成長していく過程の中で、身に付けさせてあげたい力の上位に 「コミュニケーション力」があります。 人は誰しも自分一人の力では何も成しうることは出来ません。 子どもは多くの人の力を借りながら成…


2017/07/13エッセイ(教育)

絶対音感が育った先にあるもの

弊会では、絶対音感プログラムを指導するための絶対音感指導士養成講座を行っておりますが、 未来ある子どもたちの教育がより豊かなものになって欲しい、 音楽を学ぶための可能性を広げてあげたいという思いで始め…


2017/06/29エッセイ(教育)

自尊心と他尊心を育てる

今月のエッセイでは、子どもたちの自立を見守っていくため、 幼児期http://www.kaori-takizawa.net/column/entry/post-96/ 児童期http://www.ka…


2017/06/15エッセイ(教育)

自己肯定感を育てる

子どもたちの成長過程で、最も大切なことは「自立」です。 音楽を学ぶ上でも、本当に上達できるかどうかは、子どもたちを自立させていけるかで差が出ます。 成人になるまでの間に、精神的自立、そして行動的自立を…


2017/06/01エッセイ(教育)

本番に強い子は何が違う?

音楽のお稽古をなさっている方にとって、 発表会やコンクール等、舞台での発表の場は、大きな成長の場です。 今は大きく成長している子たちも、初めての舞台では緊張から手と足が一緒に動いてしまったり、 なかな…


このページのTOPへ