HOME > コラム > エッセイ(教育) > 競争心

コラム

< 続けるための秘訣  |  一覧へ戻る  |  話を聞くスイッチ >

競争心

何かを学ぶ時、自分軸をしっかりと持って、
マイペースに努力するが長い道のりでは最も尊いことに感じておりますが、
ある意味では、「競争心」を持つことも同じくらい大切です。


では何に対して競争心を持つのか?



それは、それまでの「自分自身」に対してです。


出来なかったことが、出来るようになっていくことは誰しもが嬉しいことだと思います。

でも多くの子たちは、「出来そうにないこと」はどうしても取り組む前にくじけがちになります。
そんな時にはどうしたらいいでしょうか?


大人に出来ることは、子どもたちがくじけないで取り組めるようにするお手伝いです。
その一番が前向きになれるための言葉がけです。


「だんだん上手になってきたね」
「すごく良い演奏になってきたね」


と保護者の方の主観で言葉を掛けてあげるのと同様に、
時には過去を振り返らせてあげてください。


前は出来なかったことが今は出来る!
それは努力をしたから!という気持ちが芽生えれば、
少しの困難にくじけることもなくなり、逃げ回路から「どうすればよいか」を考える
肯定的回路に変わっていきます。


その肯定的回路は、小学生のうちに育ててあげたいものです。

なぜなら、勉学でも音楽でも小学生高学年からは、
積み重ねてきた基礎を使い、自分で考え、分析していく気持ちがなければ手伝ってあげようがなくなるためです。


簡単には出来ないかもしれない。
でも発想が変われば、見方を変えれば必ず出来るはず!という気持ちが湧いてくるか、
無理だ。。。とあきらめてしまうかで、結果はまるで別物になります。


ですから、「最初は出来なくても、頑張れば出来るんだ」という、
過去の自分と努力した後の自分を比べる気持ちが経験としてあることは、
子どもたちの心を奮い立たせてくれる活力源となっていきます。


成功とは、あきらめなかった者だけが手に入れられるもの。
だからこそ、子どもの頃から心に蓄えてきたものが大きな財産となるのです。


カテゴリ:

< 続けるための秘訣  |  一覧へ戻る  |  話を聞くスイッチ >

同じカテゴリの記事

2017/10/19エッセイ(教育)

話を聞くスイッチ

ここぞという時に力を発揮できる子。。。 そういう子たちに共通して言えることは、「集中力」の高さです。 しかしながら集中力の高さは生まれながらのものではありません。 集中力が高い子たちは、みんな揃って話…


2017/09/21エッセイ(教育)

どうして〇〇しないの?

今までで保護者の皆様にご相談を受けた1番多かった内容は、 ダントツ「〇〇しないんです」です。 一度気になってしまうと、どうしてもそのまま言葉にしたくなってしまいますよね。笑 そもそも望んでやっているこ…


2017/09/14エッセイ(教育)

辛い時に辞めない

お子様が小さな時は、「将来を豊かにするものであって欲しい」と願ってはじめられる習い事。 どんな道も極めていこうと思えばこそ、ぶつかる壁も必ずあります。 私は音楽大学入学と同時に自宅でご近所の生徒さんに…


2017/09/07エッセイ(教育)

すべき苦労はすべき時にさせる

音楽教育に携わり、子どもたちの大きな成長を見守る中で感じることがあります。 何事もそうですが、一朝一夕で成功を遂げられるものはありません。 だからこそ真の成功をおさめるためには、何よりも好きでいること…


2017/08/24エッセイ(教育)

音楽的センスを磨く

楽器のお稽古を極めていく中で、幼児期に最も大切なことが、 音楽的センス(音楽的な価値観)を磨くことだと感じます。 幼児のうちは、感覚神経が発達する時期であり、 楽器のお稽古の中では「できること」と「で…


このページのTOPへ