HOME > コラム > エッセイ(教育) > 児童期に身に付けたいこと

コラム

< 感覚神経が育つ時期の教育  |  一覧へ戻る  |  謹賀新年 >

児童期に身に付けたいこと

音楽のお稽古は、必ずご自宅での練習が必要な習い事です。
だからこそ、子どものうちから大切な力を身に付けさせてあげられる習い事でもあります。


その一番が「計画性」です。



小さなうちのお稽古事は、週に一度を基本とすることをお薦めいたしますが、
それは子どものうちから、時間管理の感覚を教えてあげられるためです。

「次にレッスンに伺うまでにあと何日だから」
と、レッスンから帰られた日に、一週間の練習計画を
保護者の方にお手伝い頂きながら立てて頂くことで、
「一週間には7日あって、どんどん時間はなくなっていく」
ということが小さなうちからでも教えてあげることが出来ます。


また学年が上がっていくと共に、時間はすべてが自由に使えるものでは
なくなってきますから、限られた時間の中で計画を立てることも
自然と教えてあげることが出来ます。


ぜひレッスンからお帰りになられた日からの計画を一緒に立ててあげてください。
子どもたちにとっては、時間の感覚が備わってくるのは、
平均的に10歳ころからですので、本人に任せようと思っても、
大人が思うような感覚で時間軸は流れていないことが多いため、
任せても思ったようなことは返ってきません。


ぜひ小さなうちから、一緒に時間についての考え方を教えて差し上げてください。
経験が次第に力となってきます。


カテゴリ:

< 感覚神経が育つ時期の教育  |  一覧へ戻る  |  謹賀新年 >

同じカテゴリの記事

2017/10/19エッセイ(教育)

話を聞くスイッチ

ここぞという時に力を発揮できる子。。。 そういう子たちに共通して言えることは、「集中力」の高さです。 しかしながら集中力の高さは生まれながらのものではありません。 集中力が高い子たちは、みんな揃って話…


2017/10/12エッセイ(教育)

競争心

何かを学ぶ時、自分軸をしっかりと持って、 マイペースに努力するが長い道のりでは最も尊いことに感じておりますが、 ある意味では、「競争心」を持つことも同じくらい大切です。 では何に対して競争心を持つのか…


2017/09/21エッセイ(教育)

どうして〇〇しないの?

今までで保護者の皆様にご相談を受けた1番多かった内容は、 ダントツ「〇〇しないんです」です。 一度気になってしまうと、どうしてもそのまま言葉にしたくなってしまいますよね。笑 そもそも望んでやっているこ…


2017/09/14エッセイ(教育)

辛い時に辞めない

お子様が小さな時は、「将来を豊かにするものであって欲しい」と願ってはじめられる習い事。 どんな道も極めていこうと思えばこそ、ぶつかる壁も必ずあります。 私は音楽大学入学と同時に自宅でご近所の生徒さんに…


2017/09/07エッセイ(教育)

すべき苦労はすべき時にさせる

音楽教育に携わり、子どもたちの大きな成長を見守る中で感じることがあります。 何事もそうですが、一朝一夕で成功を遂げられるものはありません。 だからこそ真の成功をおさめるためには、何よりも好きでいること…


このページのTOPへ