HOME > コラム > エッセイ(音楽) > 子どもたちの日常に童謡や唱歌を

コラム

< 幼児の音楽教育において大切なこと  |  一覧へ戻る  |  自分軸を育てる >

子どもたちの日常に童謡や唱歌を

私どもが運営しております音楽教室では、幼児対象のリトミックのレッスンの中で、
童謡や唱歌をお母さま方にも一緒に歌っていただく機会を多く設けています。


童謡や唱歌の歌詞は実に簡潔でわかりやすく出来ていますから、
まだ言葉を話せないうちの語りかけとしても、とても良いものです。



童謡や唱歌は、日本の四季を題材に取り上げたものも多いですから、
幼児にとってもまた日常的に美しい日本語や、美しい日本の世界観を教えてあげられるものでもあります。


シンプルな言葉の中にあれだけの世界を集約するのは、
本当に素晴らしい能力だと感じます。


またメロディーも、子どもたちにも覚えやすい、
すっきりとしたわかりやすいものが多いことも魅力の一つです。


子ども用の音楽を作曲し、そのテンポを選ぶ一つの指標として、
子どもの心拍の速さにあわせることも考え方としてありますが、
童謡や唱歌の多くは、ヒーリング効果もあるテンポ設定になっていますので、
お昼寝の時間や遊ぶ時間に掛けてあげることも効果的です。


童謡や唱歌は古くは明治初期のものからありますから、
文語体の歌詞も多いので、歌詞の世界が大人でも難しいものもあるかもしれません。


ですが、日本の歴史として言葉の変化を身近に感じさせてあげることが出来るのも、
童謡や唱歌の魅力の一つだと感じます。


小児科の医師の先生の研究では、近年の子どもたちは、
言葉を発する時期が遅い子が増えていると言われているそうですが、
その原因の一つがスマートフォンの発達だと言われています。


日常的に『うた』があることは、一日の中で語りかけてあげる言葉の数を広げてくれます。
わかりやすい言葉、癒し効果もあるシンプルなメロディー、
ぜひ毎日の暮らしに童謡や唱歌を取り入れられてみてください。


カテゴリ:

< 幼児の音楽教育において大切なこと  |  一覧へ戻る  |  自分軸を育てる >

同じカテゴリの記事

2018/01/25エッセイ(音楽)

幼児の音楽教育において大切なこと

今週はじめの雪は近年にない積もり方でしたね。 翌朝、私も雪掻きをしましたが、道を通る大人の方も子どもたちも皆さん、 「おはようございます」や「ありがとうございます」とあいさつを交わしながら通られ、 心…


2018/01/11エッセイ(教育)エッセイ(音楽)

歌唱指導がもたらす力

私どもが行っております絶対音感プログラムでは、 レッスンの中で、聞き取り方のトレーニングの他に歌唱トレーニングをしています。 『うたう』ということは、一つには楽器の学習をしていく中で、どの楽器を学ぶに…


2017/12/14エッセイ(音楽)

感覚神経が育つ時期の教育

赤ちゃんがこの世に生を受けてから、大人へと成長していく過程では、 どのようなことが成長する時期なのかを理解しておくこと、 そしてその中で、どのような関わり合いを持ちながら、 どのような教育していくと良…


2017/11/09エッセイ(音楽)

音楽のお稽古を続けるために大切な力

最近のテレビ等では、東大生が子どもの時に習っていたことの 第1位がピアノだと話題になっていますが、その多くの方が小学生ではお辞めになってはいません。 塾や家庭学習で忙しいはずであった児童期からの時期も…


2017/10/05エッセイ(音楽)

続けるための秘訣

楽器のお稽古を続けていくための大切な第一歩。 それは、導入期のうちに練習の習慣をしっかり身に付けることです。 鶏が先か、卵が先かのような話にもなりますが、 どんなことも「楽しむ」ためには、達成感が得ら…


このページのTOPへ