HOME > コラム > Life > 楽器を習うことは手段ですか?目的ですか?

コラム

< できる子にするための秘訣  |  一覧へ戻る  |  これからの教育に必要なこととは >

楽器を習うことは手段ですか?目的ですか?

11月も後半。2018年もあと50日足らずとなりました。
一年の流れはあっという間ですね。大人になると時間の流れを早く感じるのは、
子どもよりも「感動」することが少なくなるからだそうです。
いつも柔軟な心を持っていたいですね。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


突然ですが、楽器のお稽古をお子さまになさっている方に質問です。
楽器を習わせているのは、手段ですか?それとも目的ですか?


楽器が上手になって欲しいからということだけでしたら「目的」にあたりますし、
楽器を習うことで、一つのことを頑張りぬく継続力や
目標へ向かって努力する精神力、練習をする中での計画性等を身に付けさせたいと
お考えでしたら、楽器を習うことは「手段」になります。





そのいずれも身に付けて欲しい。。。と願って習わせてくださるのが、
親御様のお気持ちではないでしょうか?


子どものうちから楽器の習い事をするということは、
ただ楽器がうまくなるからということだけでなく、
上述しましたような力が育っていくことが期待できます。


しかしながら、小学生高学年になって、時間のやりくりが難しい時期に来ると、
楽器のお稽古を辞めてしまわれる方もいらっしゃり、指導者の立場から考えますと、
とても残念に感じることも経験してきています。


楽器のお稽古は、他の習い事とは違い、お稽古そのものの時間でうまくなるものではなく、
次のレッスンまでの一週間で、どのような計画を立てて練習していくかが必要な習い事で、
だからこそお子さんたちは幼児のうちからコツコツ練習を重ねることで計画性を身に付け、
発表会やコンクールへ向けて努力を重ねる精神力が育ち、
一つのことを頑張りぬく継続力が育ってきています。


どんなこともそうですが、簡単に道を成し得ることは出来ませんから、
「続けること」そのものが大きな力なのです。


もし、音楽のお稽古を続けることを悩む時が来たら、
習わせようとお考えになった時のお気持ちを思い出されてみてください。


楽器を習うことは、手段だと思われたのか目的だったのか?

音楽のお稽古を続けることは、お子さまの人生にたくさんの贈り物をもたらしてくれるはずです。

カテゴリ:

< できる子にするための秘訣  |  一覧へ戻る  |  これからの教育に必要なこととは >

同じカテゴリの記事

2018/09/20Life

視点を変える

街を歩くと金木犀の甘い香りを感じる季節となりました。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 言葉ではわかりつつも、 私は最近「どんなことも本人の自覚(意欲)が一番」と改…


2018/08/09Life

自立と自律

夏休みも中盤に差し掛かり、たくさんの夏の経験がお子様を大きく成長させてくれているのではないでしょうか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 今日は「自立」と「自律」をテーマに、自…


2018/07/26Lifeエッセイ(音楽)

音楽教育は心を育てる場

猛暑厳しい毎日いかがお過ごしでしょうか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 音楽はお子さまの成長過程において、さまざまな力を与えてくれるものです。 その具体的な内容につきまして…


2018/07/12Life

失敗を恐れない

西日本集中豪雨で被害に見舞われた皆様、謹んでお見舞い申し上げます。 自然の力の大きさを改めて感じる出来事でした。 一日も早い復旧を祈るばかりです。 今回のコラムでは、お子さまたちの教育に携わってきて願…


2018/07/05Life

花開くとき

たくさんのお子さんの成長過程に携わることをしてきて感じること。 子どもたちの可能性は無限大であり、 その花を開かせてあげられるかどうかはどのような教育をするかで変わってしまうこと。 大きな翼をひらかせ…


このページのTOPへ