HOME > コラム > エッセイ(教育) > 子どもを伸ばす~ピグマリオン効果

コラム

< 子どもの脳を発達させる秘訣  |  一覧へ戻る  |  うららかな春 >

子どもを伸ばす~ピグマリオン効果

次第に春らしさが感じられる今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか?
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。


自ら行動するお子さん、言われてから「今○○しようと思ってたよ。」と
お返事なさるお子さん、どのような姿も皆可愛いですし、愛しい存在ですが、
どうしてそれぞれに行動のパターンが変わるのか、お考えになったことはありますか?



お子さん方の持って生まれた性格ももちろん関係していますが、
実は接し方の違いも大きく影響していきます。

みなさまは「ピグマリオン効果」という言葉はお聞きになったことはありますか?

ピグマリオン効果とは・・・期待をもって接すると、人間は期待通りの結果を出す傾向があるという
心理的行動の1つです。
これは、アメリカの教育心理学者ロバート・ローゼンタールによって提唱されたもので、
別名「教育期待効果」または「ローゼンタール効果」とも呼ばれています。


反対に他人から期待を持たないで(悪い印象を持って)関わられることで、
学業やスポーツの成績、作業効率等が下がる現象のことをゴーレム効果と言います。


もちろん過度な期待をもって接することは、
お子さんにとってプレッシャーとも感じてしまうことになりかねません。


ではどのように「期待」してあげたらよいでしょうか?
それは成績等、他人と比較することで期待するのではなく、
「あなたなら、きっとできるよ」と、お子さん自身の解決する力を信じてあげてください。


あなたなら大丈夫という接し方をしてあげると、
お子さん自身、自分の力を信じ、乗り越えようとする力が湧いてきます。


どんなこともあきらめずに、粘り強く頑張ることができるか否かが、
「できる」「できない」にも繋がっていますよね。

そうしてまた次の課題に向けて取り組む原動力となっていく。。。
それこそが、自ら行動を決めていくことにもつながっていきます。


お子さんの心の中に、たくさんのパワーを与えてあげること。


それこそがピグマリオン効果だと感じています。



カテゴリ:

< 子どもの脳を発達させる秘訣  |  一覧へ戻る  |  うららかな春 >

同じカテゴリの記事

2019/02/20エッセイ(教育)

子どもの脳を発達させる秘訣

春がだんだん近づいていることが感じられる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 本日のコラムでは、子どもたちの脳の成長についてお話いたします。 子どもたちの…


2019/02/14エッセイ(教育)

乳幼児のあそびを豊かに

春へ向かいます時節。 三寒四温と申しますが、日によって寒暖の差が激しいですが、いかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 音楽教育において、リトミ…


2018/12/19エッセイ(教育)

尊重の関係を築く

平成最後の年の瀬を迎えようとしています。みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 2018年はみなさまにとってどんな年でしたか? この一…


2018/12/13エッセイ(教育)

指導者が目指すかたち

寒さも急に厳しくなってきたように感じますが、みなさまお変わりございませんか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 近年は、習い事も多様化し、お子さん方も小さなうちから…


2018/11/28エッセイ(教育)

自ら行動をする子に育むために気を付けたい子どもと…

朝外へ出ると、息も白くなる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 「はやく、○○しようね」「○○もしないといけないよね?」 こんな言葉がけの毎日。 …


このページのTOPへ