HOME > コラム > Life > ソルフェージュ教育の意義

コラム

< うららかな春  |  一覧へ戻る  |  春の旅行 >

ソルフェージュ教育の意義

桜の開花もまもなくとなり、街がピンク色に染まるのが楽しみな今日この頃です。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。


私ども日本こども音楽教育協会は、今年からソルフェージュのコースを立ち上げました。

ソルフェージュってなに?
どうしてソルフェージュが必要なの?

私たちも保護者の方からよくご質問いただくところからのスタートでした。



ソルフェージュ力はなぜ必要か?


それはソルフェージュ力の高さが、どのレベルの曲まで演奏できるかを決めてしまうからです。


楽譜には実にさまざまな情報が詰まっています。
練習の過程で、何をポイントとし、どのような順で読んでいけばよいのか?
それを学ぶのがソルフェージュ教育です。


日本は音楽のお稽古をなさる子が世界一多い国であるに関わらず、
子どものうちに辞めてしまう人口もまた世界一の国です。


音楽のお稽古を中学生になるタイミングで辞めざるを得なくなってしまうのはなぜか?

音楽の都ウィーンでは、実は日本のようにたくさんの方が音楽のお稽古を始める訳ではありませんし、
日本よりもお稽古そのものを始める年齢も高いです。


しかし、長く音楽を楽しみとして学び続ける方が圧倒的に多いのはなぜか?
子どもの時の学ぶ環境の違いが理由だと考えました。


日本では音楽との出会いが「楽器のお稽古」である方が多いのに対して、
欧米ではまずソルフェージュ力を育てるための教育をした上で、
ではこれから何の楽器を学ぼうかを決める考え方が一般的です。


欧米のようにソルフェージュ教育をたくさんの方に受けてもらえる環境が整えられたら、
日本の音楽教育現状を変えていけると感じ、ソルフェージュ教育の普及に努めることにしました。


4月29日(月・祝)には、大阪で子どものための音楽教育学会~ソルフェージュ普及セミナーを開催します。
ソルフェージュは、音楽を一生涯の楽しみとしていくために大切な教育です。
ぜひたくさんのお子さんにソルフェージュを学ぶ環境が与えられることを願っております。



カテゴリ:

< うららかな春  |  一覧へ戻る  |  春の旅行 >

同じカテゴリの記事

2019/01/31Life

お子さんの成長に何を望みますか?

乾燥が続き、インフルエンザが蔓延しているようですが、いかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 突然ですが、音楽を学ばせることでお子さんの成長にどのような…


2019/01/24Life

発想は経験から生まれる

春の日差しを感じる季節になりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 私どもは未来ある子どもたちにどのような教育を与えてあげたら良いかと考え、 今日に至りますが、いつも…


2018/11/15Life

楽器を習うことは手段ですか?目的ですか?

11月も後半。2018年もあと50日足らずとなりました。 一年の流れはあっという間ですね。大人になると時間の流れを早く感じるのは、 子どもよりも「感動」することが少なくなるからだそうです。 いつも柔軟…


2018/09/20Life

視点を変える

街を歩くと金木犀の甘い香りを感じる季節となりました。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 言葉ではわかりつつも、 私は最近「どんなことも本人の自覚(意欲)が一番」と改…


2018/08/09Life

自立と自律

夏休みも中盤に差し掛かり、たくさんの夏の経験がお子様を大きく成長させてくれているのではないでしょうか? 日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 今日は「自立」と「自律」をテーマに、自…


このページのTOPへ