HOME > コラム > エッセイ(教育) > 児童期に育ててあげたいこと

コラム

< 継続できる強さ  |  一覧へ戻る  |  楽器の選び方 >

児童期に育ててあげたいこと

夏空が待ち遠しい季節となりましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


私どもでは、幼児期から児童期までの子どもたちの教育においての理想を考える取り組みをしておりますが、
勉学においてもそうであるように、児童期までにきちんとした基礎作りが出来ているかどうかが、
その後可能性を無限に花開かせてあげることができるか、
眠らせたままの部分ができてしまうのか、音楽教育においても影響してきます。




音楽教育においての基礎作りとして大切なことの2本柱が、
楽譜を読む能力が高いかどうか、つまりソルフェージュ力が十分に育っているかどうかということと、
正しい奏法が身に付いているかどうかです。


この2つは決して別物ではなく、
楽譜からロジカルに役割を読み、どのような動きをするべきかと結び付けていきます。


その考え方は、幼児で習う楽曲でも、クラシックの名曲とされる楽曲でも同じですから、
構造の簡単な楽曲のうちから、基本の考え方を身に付けておくことが重要です。


しかしながら、基本の考え方を身に付けるということは、
知っているだけでは決して力にはならず、
守り続けることに意味があります。


守り続けるためには、少々時間は要されることでしょう。
しかし現代は時間の流れがはやくなりましたから、「早く出来ること=良し」という考え方が、
子どもたちの心にも芽生えているように感じます。


そのために身に付けたはずのことが粗くなってしまったのでは本末転倒です。


子育て=待つことだと言われますが、
身に付けたことを力にしていくためには、どんなことも時間はかかります。
保護者のみなさまには、慌てさせない(マイペースに取り組める)距離感で見守ってあげて頂くことを願います。


どんなことも基本を的確に身に付けている子は強いです。
習ったことを守り続けられることこそ力。
そして努力が出来ることこそ才能。


努力の途中では、もしかしたらくじけそうな時も出てくるのかもしれません。
だからこそ「頑張り続けられることこそ誇り」だとお子さん方に伝えてあげてください。


カテゴリ:

< 継続できる強さ  |  一覧へ戻る  |  楽器の選び方 >

同じカテゴリの記事

2019/07/04エッセイ(教育)

継続できる強さ

温暖化による影響なのでしょうか?今年の梅雨も大雨に見舞われています。 西日本で降り続く雨の被害にあわれたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。 甚大な被害で出ませんことを祈るばかりです。 私は現在も2…


2019/05/29エッセイ(教育)

子どもを伸ばす褒め方

今年も5月の爽やかさを一気に飛び越し、夏のような暑さがやってきましたが、 みなさまお変わりありませんか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 子どもたちの教育に携わっていく中…


2019/05/16エッセイ(教育)

自立した学習を目指す

5月の爽やかな風と生命力あふれる新緑に力を感じておりますが、 みなさまいかがお過ごしでしょうか? 子育ての最大のテーマは「自立」だと申しますが、 教育における自立について今日はお話ししたいと思います。…


2019/03/06エッセイ(教育)

子どもを伸ばす~ピグマリオン効果

次第に春らしさが感じられる今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 自ら行動するお子さん、言われてから「今○○しようと思ってたよ。」…


2019/02/20エッセイ(教育)

子どもの脳を発達させる秘訣

春がだんだん近づいていることが感じられる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 本日のコラムでは、子どもたちの脳の成長についてお話いたします。 子どもたちの…


このページのTOPへ