HOME > コラム > エッセイ(教育) > 読み聞かせがもたらすもの

コラム

< 心の目  |  一覧へ戻る  |  「教える」ということ >

読み聞かせがもたらすもの

桜の花もほころび始め、日本人に生まれた喜びを再認識できる季節となりましたね。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。


今週のエッセイは、子どものうちの読み聞かせについてをまとめたいと思います。
皆さんは1年間でどのくらいの本を読み聞かせなさっていますか?


幼児教室等でもその考え方はまちまちで、
年間3冊でよいから暗記させる。
年間100冊は読む。
とにかくたくさん年間300冊読む。

と様々な考え方にあふれています。




乳幼児期は、1回では記憶は定着しません。
ですから何か伝えたいものがある時、何回か繰り返し伝える必要があります。

また幼児期の子どもたちの特性として、「知っているから楽しい!」ということもあります。
ですので、私のオススメは年間100冊を目安になさると良いと考えます。


絵本の読み聞かせの目的はいくつかありますが、
一番には「経験」ではないかと思います。


嬉しい、悲しいなどの喜怒哀楽の経験、
季節の行事や外国の生活や文化など、まだ知らない世界観の経験。


実際にはまだ経験できていないさまざまな世界観の経験をさせてあげることで、
感じる心が豊かなお子さんに育くまれていきます。


ですから、読み聞かせの絵本の題材も、
自然をテーマとしたもの、外国の文化をテーマとしたもの、
季節の行事等をテーマとしたもの、心が揺れ動くストーリー性のあるもの等、
幅広く選択して読んで差し上げることをおすすめいたします。


読み聞かせは心を豊かにしてくれることはもちろんですが、
集中力を徐々に長くしてあげるためにも、
心が揺れ動く経験を通じて、記憶力を豊かにしてあげることも出来ます。


私自身、本屋さんで1冊ずつ手に取りながら絵本を選ぶことがとても好きです。
見ていてHappyな気持ちになる挿絵。
読むだけで心があたたかくなるストーリー。
ページを開く時のワクワク感は、文字だけの書籍を開く時とはまた違った格別の楽しみがあります。


近年は絵本専門の書店の閉店も相次いでいるそうですが、
電子書籍にはない、紙のぬくもりを残していって欲しいと願っています。

カテゴリ:

< 心の目  |  一覧へ戻る  |  「教える」ということ >

同じカテゴリの記事

2018/03/15エッセイ(教育)

学ぶ

学ぶ。。。今まさに勉強をしなくてはいけない世代の方にとっては、 学ぶことはもしかしたら楽しいことではないのかもしれません。 私自身、高校までは進学校におりましたので、 当時は嫌いではなかったかもしれま…


2018/02/08エッセイ(教育)

自分軸を育てる

寒さも峠となってきましたが、今は受験シーズン真っ只中ですね。 今戦いの最中にいる生徒さんたちからも、自分の覚悟や不安をメールでもらいますが、 微力ながら応援のメッセージを送っています。 頑張りぬいてき…


2018/01/17エッセイ(教育)

才能を開花させる第一歩は

子どもたちは無限の可能性を秘めています。 誰しもが豊かな才能を持ち、大きな花を咲かせる可能性を持っているのです。 「才能」という言葉は実に奥が深いものですね。 1つ確実に言えるのは、才能とは持って生ま…


2018/01/11エッセイ(教育)エッセイ(音楽)

歌唱指導がもたらす力

私どもが行っております絶対音感プログラムでは、 レッスンの中で、聞き取り方のトレーニングの他に歌唱トレーニングをしています。 『うたう』ということは、一つには楽器の学習をしていく中で、どの楽器を学ぶに…


2017/12/21エッセイ(教育)

児童期に身に付けたいこと

音楽のお稽古は、必ずご自宅での練習が必要な習い事です。 だからこそ、子どものうちから大切な力を身に付けさせてあげられる習い事でもあります。 その一番が「計画性」です。 小さなうちのお稽古事は、週に一度…


このページのTOPへ