HOME > コラム > エッセイ(教育) > 子どもの脳を発達させる秘訣

コラム

< 乳幼児のあそびを豊かに  |  一覧へ戻る  |  子どもを伸ばす~ピグマリオン効果 >

子どもの脳を発達させる秘訣

春がだんだん近づいていることが感じられる季節となりましたね。
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。


本日のコラムでは、子どもたちの脳の成長についてお話いたします。



子どもたちの脳の発達は、感覚神経と同じく、乳幼児期に臨界期をむかえると言われています。


前回のコラムでは、乳幼児期のあそびを豊かにさせてあげることの重要性についてお話ししました。
この時期のお子さんの脳を発達させるために大切なことに、話しかけの仕方があります。


では、どんな話しかけの仕方がよいのでしょう?
常に「子どもの脳を動かすこと」を考えてあげることです。


私は指導者を志す方に対して、「親切は親切ではありません」と話す時があります。
簡単に答えを話してあげてしまうことは、子どもの脳を動かすことにはなりません。


何か物事を考える時は、簡単に答えが出ないものはあらゆる方向から考えを巡らせ、
正解を導くための脳の使い方ができるかどうかが重要です。


だからこそ、幼児期から「考えるための引き出し」を作ってあげることを目標となさってください。
「○○はなんでしょう?」
「どうしてそうなるのでしょう?」


と質問を投げかけ続けた後、答えが出そうにない時は、答えを導くための考え方を説明してあげてください。
脳を動かすことが、脳の発達へ繋がっていきます。


また、連続で質問をしていくことが、脳の動きをより早いものへとしていきます。
だからこそ、なぜ?どうして?と話を掘り下げてあげることが重要なのです。


みなさまは、子どもたちの脳を動かすために、
「へぇー」「それはどうして?」「そういうことなんだね!」と相槌を打ちながら、
聞き役に徹すること、脳を動かすためのナビゲーターに徹してあげることが、
お子さんの脳を動かし、発達を促していくためには大切です。


ぜひ聞き上手になりたいですね。

カテゴリ:

< 乳幼児のあそびを豊かに  |  一覧へ戻る  |  子どもを伸ばす~ピグマリオン効果 >

同じカテゴリの記事

2019/03/06エッセイ(教育)

子どもを伸ばす~ピグマリオン効果

次第に春らしさが感じられる今日この頃。みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織です。 自ら行動するお子さん、言われてから「今○○しようと思ってたよ。」…


2019/02/14エッセイ(教育)

乳幼児のあそびを豊かに

春へ向かいます時節。 三寒四温と申しますが、日によって寒暖の差が激しいですが、いかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 音楽教育において、リトミ…


2018/12/19エッセイ(教育)

尊重の関係を築く

平成最後の年の瀬を迎えようとしています。みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 2018年はみなさまにとってどんな年でしたか? この一…


2018/12/13エッセイ(教育)

指導者が目指すかたち

寒さも急に厳しくなってきたように感じますが、みなさまお変わりございませんか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 近年は、習い事も多様化し、お子さん方も小さなうちから…


2018/11/28エッセイ(教育)

自ら行動をする子に育むために気を付けたい子どもと…

朝外へ出ると、息も白くなる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 「はやく、○○しようね」「○○もしないといけないよね?」 こんな言葉がけの毎日。 …


このページのTOPへ