HOME > コラム > エッセイ(教育) > 指導者が目指すかたち

コラム

< 少し早めのクリスマス  |  一覧へ戻る  |  尊重の関係を築く >

指導者が目指すかたち

寒さも急に厳しくなってきたように感じますが、みなさまお変わりございませんか?
こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。


近年は、習い事も多様化し、お子さん方も小さなうちから豊かな教育を
受けることができる環境となりました。


私ども音楽教育に携わる者としましても、
「子どもたちをどのように導きたいか」は常に考えながら指導に携わらなくてはいけないと感じております。

では、幼児期、児童期の子どもたちの教育で目指すべきものは、
どこにあるのでしょうか?




どのような習い事においても、子どもたちの教育に携わっていく中で目指すべきことは、
「脳の使い方=考える導線」を身に付けさせてあげることだと感じています。


子どもたちはいつか自立していかなくてはいけない時期がやってきます。
指導者は常にそのことを見据え、手を貸さなくとも子どもたちだけで解決できるように育ててあげなくてはいけません。


テキスト等がある習い事だと、つい「何問解いた」ということや、
何冊修了したということを価値観にしてしまいがちになりますが、
いくら数をこなすことができたとしても、考え方が身に付いていなかったのでは、
子どもたちは自分の力だけで解決することはできません。


・何に注意をし、
・どのような考え方で取り組み、
・その後どのような改善をしていくのか?


その「考え方」が子どもたちのものとなるまで、
まずはインプット教育から始め、その後アウトプットしていけるまでを見守ること。


それが幼児期~児童期の教育の目指すところだと考えます。


カテゴリ:

< 少し早めのクリスマス  |  一覧へ戻る  |  尊重の関係を築く >

同じカテゴリの記事

2018/12/19エッセイ(教育)

尊重の関係を築く

平成最後の年の瀬を迎えようとしています。みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 2018年はみなさまにとってどんな年でしたか? この一…


2018/11/28エッセイ(教育)

自ら行動をする子に育むために気を付けたい子どもと…

朝外へ出ると、息も白くなる季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 「はやく、○○しようね」「○○もしないといけないよね?」 こんな言葉がけの毎日。 …


2018/11/23エッセイ(教育)

これからの教育に必要なこととは

秋ももうすぐ終わりとなりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 2020年からは、大学入試試験も大きく様変わりし、 小学校や中…


2018/11/08エッセイ(教育)

できる子にするための秘訣

秋も深まる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか? こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 仕事柄これまでたくさんの子どもたちと関わってきておりますが、 その中で明…


2018/10/25エッセイ(教育)

子どもを伸ばす5つの大切なこと ⑤

秋らしい青空が気持ち良い季節となりましたね。 こんにちは。日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 シリーズでお伝えしてきました「子どもを伸ばす5つの大切なこと」も最終回となりました。…


このページのTOPへ