HOME > コラム > ニュース > 偉大な功績

コラム

< 芸術が育むもの  |  一覧へ戻る  |  台湾へ >

偉大な功績

今年のノーベル賞文学賞は、歌手のボブ ディランさんが選ばれました。
歌詞が文学としての評価を受けたからこその栄誉ある賞の受賞は、本当に喜ばしいことです。


日本人も受賞の対象者として話題になっていましたが、歌詞という短く、限られた世界の中だからこそ、
ある意味で人々の心に強烈なものを残すのかもしれません。





Behind every beautiful thing there's been some kind of pain.
(すべての美しいものの陰には、何らかの痛みがある)

A hero is someone who understands the responsibility that comes with his freedom.
(ヒーローとは、自分の自由に伴う責任を理解している人のことだ)


受賞を聞き、改めてボブ ディランさんの楽曲の歌詞を読み返してみると、
社会に対して、何か伝えたいと考えるメッセージ性ある歌詞が多く、
一つの文学の世界として評価されるのも当然なのかもしれないと感じさせられるだけのものがあります。


12月のノーベル賞の受賞式には欠席なさるとのこと。
ご自分の長年の功績を認められた評価の賞を受け取る場で、
ボブ ディランさんの姿が見られないのは残念ですが、
これからの音楽業界にとっても、大変喜ばしいニュースでした。




カテゴリ:

< 芸術が育むもの  |  一覧へ戻る  |  台湾へ >

同じカテゴリの記事

2016/11/14ニュース

ソルフェージュ講習会

この冬より、弊会本部校Atelier de Soleil(アトリエ・ド・ソレイユ)では、 ソルフェージュ講習会を開催することとなりました。 音楽の学習は、覚えたことをどう生かすかという応用力が実を結ぶ…


2016/10/27ニュース

幸せな子に育むために

人が一生を幸せに過ごしていくために一番大切なこと。 それは、自己肯定感が高いことだと近年言われています。 どんなに能力があっても自分の存在を肯定できずにいる人は、ずっと幸福感を得られないでいます。 自…


2016/10/04ニュース

音楽は世界共通の言葉

音楽は世界共通の言葉。 このことを実感しましたのが、音大時代にウィーンへの留学とアメリカへの演奏旅行へ行った時でした。 国は違えど、同じような思いで取り組む姿勢は、とても素敵なことですよね。 ウィーン…


2016/09/28ニュース

子どもの習い事について

NEVERまとめの記事によると、現代のお子さんは年少さんで46%に及ぶ方が習い事を始めているとのこと。 少し前の時代と比べると、とても高い率だと思いました。 その記事の中にも書かれていましたが、幼少期…


2016/09/20ニュース

英国の学校教育

先週ご紹介しました プレジデントFamily 秋号には、イギリスの学校教育についても書かれていました。 その中で日本の学校との大きな違いの一つが、宿題の出し方だとありました。 まず、宿題は一週間分で課…


このページのTOPへ