HOME > コラム > エッセイ(教育) > 自己表現が得意な子に!

コラム

< 楽器のお稽古は計画性を育てる  |  一覧へ戻る

自己表現が得意な子に!

日増しに朝夕涼しくなり、秋が近づいているのを感じるようになりました。
こんにちは、滝澤 香織でございます。



芸術の秋、全国各地で素敵なコンサート等の催しが企画されています。
コロナ禍以降、コンサートの形式もさまざまな工夫がされ、より音楽が皆様の身近なものとしてお楽しみいただけるようにもなっています。


(写真は、私が今年2月に柴田陽人くんと2台ピアノ協奏曲を演奏した際のものです)

本題に入り、日本こども音楽教育協会の絶対音感プログラムでは、歌唱トレーニングを重要視しています。

これは、幼児の発達段階を考えた中で、楽しみながらお稽古できるということもですが、
羞恥心が芽生えてしまう小学生になる前に、「発すること」が楽しみと思えるように育んであげることで、
自己開放ができる=自己表現ができるようになっていることを実感してきたからです。


幼児のうちは、真似(模倣)が大好き!

「先生と同じ大きさの声で歌おうね」
「高い声の時は目はパッチリよ」
「先生より上手にできるかな」


と声を掛けながら指導すると、得意顔で全力で表現してくれます。
そして、幼児期のうちに「歌うことが好き」な子に育ててあげると、小学生、中学生になっても、ふとした拍子にもお歌を口ずさんでいる子になっていきます。


しかしながら、小学生になってレッスンを始めてくださった子に、同じように指導をしても、
羞恥心が目が芽生えてしまっているため、決して同じようにはいきません。


これが私どもが子どもの発達を理解し、伸びる時期に伸びる力を伸ばしてあげる適期を生かした適時教育(Timing of Education)を
大切にしてきました理由です。


子どもたちは思春期をむかえると、さまざまなことに思い悩むこともあります。
そういう時にも自己表現ができるように育っていると、一人で抱え込むようにはなりません。


絶対音感は、子どものうちにだからこそ身に付く「能力」です。
ですが、能力を育てることと同じくらい、心を育てることも大切に考えています。


絶対音感プログラムは、北海道から鹿児島までの認定校でご受講頂けます。
体験レッスンもお受けしておりますので、ぜひ弊会までご相談ください。


お問い合わせ:028-612-6088 一般社団法人 日本こども音楽教育協会


カテゴリ:

< 楽器のお稽古は計画性を育てる  |  一覧へ戻る

同じカテゴリの記事

2022/08/08エッセイ(教育)

楽器のお稽古は計画性を育てる

今年の夏は、特に暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか? こんにちは、滝澤香織でございます。 ピアノを学ぶ子たちの甲子園「ピティナピアノコンペティション」の本選も熱い闘いが繰り広げられてきま…


2022/04/18エッセイ(教育)

ソルフェージュ検定 1級の誕生

美しい桜も終わり、若葉がまぶしい季節になりましたね。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事、おひさまメソッド代表の滝澤香織でございます。 日本こども音楽教育協会は、今年設立7年目を迎えました。…


2022/01/24エッセイ(教育)

逆算思考を育てよう

大寒を過ぎ、春が近づくのを感じるようになってきました。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤 香織でございます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 2022年最初のコラムでは、子供…


2021/11/22エッセイ(教育)

小学生低学年までに育てたいこと

冷たい空気を感じながら街を歩くと、銀杏の木々が美しい季節となりましたね。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 2021年もあと40日ほどとなり、今年のうちにやっておき…


2021/09/13エッセイ(教育)

聞く力を育てよう

秋の訪れが感じられるようになってきましたね。 こんにちは、日本こども音楽教育協会 代表理事の滝澤香織でございます。 秋といえば芸術の秋ですが、ワクチン接種が早く進み、 世界中でまたコンサートホールでの…


このページのTOPへ