HOME > コラム > エッセイ(教育) > 責任感を育てる

コラム

< 絶対音感指導士養成講座を始めた願い  |  一覧へ戻る  |  表現の世界 >

責任感を育てる

子どもたちを大成させていくために大切なこと。
もちろん一つではありませんが、最も大切なことは、児童期からの時期に責任感を育てていくことだと思います。


どんな小さなことだとしても、発言したことに対しては、責任を持たせること。
そうして、自分の意見に責任を持たせることで、真剣に考えて取り組む基盤が出来ます。



子どもたちに関わらず、人間は元来楽な道の方を選びがちです。

しかしながら、そちらの選択をした時点で、大成していくことはもうありません。


音楽で考えると、練習の計画を立てることは、上達のためにとても重要なことですが、
もっと大切なことは、その立てた計画を全うすることです。


「子どもだから難しいのでは。。。」とお考えになる方もいらっしゃるかもしれませんが、
まずは守れる計画を立てることこそが、責任感を育てていく第一歩。


もし、道半ばでくじけてしまいそうになった時は、子どもだから仕方がない。。。ではなく、
どうしたら実現できるかをとことん話し合うことだと思います。


一度約束を守らないことを覚えさせてしまうと、子どもたちは成長の過程で、
「どうしたら実現できるか」ではなく、「自分への言い訳」を考える思考回路になっていまいます。


ですから、どんなに小さな約束だとしても、自分が発言したことには必ず責任を持たせること。
その積み重ねが、大人になっていく中で大きな大きな意味を持ちます。


実は、私も中学生の時に、一度だけピアノを辞めたいと思ったことがありました。
母に話すと、「私はあなたに習いたいかどうか聞いて、あなたが習いたいと言ったのだから受け付けられません」
とたった一言で切り捨てられました。


幼稚園児が言ったことに対しても、断固たる姿勢でいてくれた母でいてくれたおかげで、
子どもの頃の習い事は、そのすべてが条件的に完結するところまで続け、
現在の道を選択することが出来ました。


社会に出ていった時、活躍できる人間になれるかどうかは、責任感の有無で決まります。

愛用するものでも、自分がここにいたいという環境でも、信頼できるものを選びたいですよね。
信頼の行きつく先は、そこに責任感があるかどうかです。


成長の過程その時々で、約束したことは必ず全う出来るように、考えを促してあげること。
その積み重ねが、成人になっていく過程でとても大切な教育だと考えます。


カテゴリ:

< 絶対音感指導士養成講座を始めた願い  |  一覧へ戻る  |  表現の世界 >

同じカテゴリの記事

2017/02/09エッセイ(教育)

マイナスイメージを持たせない

子どもたちはこの世に生まれてきた時、不安や恐怖心は持っていません。 未来への希望の光だけが見えています。 その後、成長と共に不安や恐怖心を持つのは、周りにいる大人の言葉がけからです。 本番の舞台に立つ…


2017/02/03エッセイ(教育)

幼児期は遊びを豊かに

幼児期は感覚神経が伸びる時期であり、また脳の神経細胞も著しく増える時期ですが、 いずれも発達を促すために大切なことは、遊びを豊かにしてあげることです。 手先を使う遊び 2つのことを一緒にさせる遊び 運…


2017/01/24エッセイ(教育)

先を見通す力 ヨーロッパの教育

音楽は時間芸術。 どんなに練習を重ねて来ても、たった一回きりの演奏で発揮しなくてはいけない芸術です。 だからこそ、楽器の演奏をするときだけでなく、普段からの習慣が変わることも大切ですので、 ヨーロッパ…


2017/01/19エッセイ(教育)

やらなくちゃ!のメカニズム

発表会前なのに。。。コンクール前なのに、自分から練習しようとしない。。。 こんなことはないでしょうか? 本当なら、自分からどんどん意欲を持って練習してほしい。それが保護者の皆様のお気持ちだと思います。…


2017/01/16エッセイ(教育)

男の子と女の子の心理

個人差はもちろんありますが、男の子と女の子では、 生まれながらにして持った性質がずいぶん異なります。 ですので、その性質を理解した上で接することは、舞台の上で力を発揮させてあげるためには、 とても重要…


このページのTOPへ